2016/09/05

D BRUZE






前回入荷時に即完売となってしまった、
"D BRUZE × F-SALVATORE"
から新作が入荷致しました。

前回同様売り切れ必須なアイテムです。
お早めのチェックをお願い致します!!

d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders


d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders

CHAP 183cm



d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders


via GIPHY


2000年前半、Diplomatsが台頭した頃に実際Cam'ronが着ていた、
彼の愛称でもある「Pink Panther」を
Airbrushで表現した雰囲気抜群の1
※こちらはAirbrushでの加工のため、ペイントが付いている箇所がございます。
汚れではありませんので予めご了承下さい。


d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders

d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders
d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders


フロントにはDMXのフォト、バックにもロゴが落とし込まれた雰囲気抜群の1着。
DMXの名曲、Ruff Ryders Anthemからのリリックも背中にプリントで表現されています。
当時のVintage T-shirtを彷彿させる流石のクオリティです。








d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders

d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders
d bruze f-salvatore cam'ron キャムロン ビッグパン big pun dmx ruff ryders

D BRUZE × F-SALBATOREのコラボレーションTEEが入荷致しました。
Big Punの名曲、Still Not a Playerのプリントデザイン。











 D BRUZE COLLECTION PAGE
 



ABOUT 『D BRUZE』



2012年の夏にNY出身のデザイナーDarien Bruzeは
LAで古き良きHIP HOP カルチャーに対する郷愁の念からブランドをスタートさせた。

East s Westというコンセプトで
西海岸のDeath Rowレーベルと東海岸のBad Boy Recordsレーベルのロゴを並べた、
斬新なコラージュデザインがInstagramで話題を呼び、
ミニサイトから商品がたちまち売り切れる事態を巻き起こした。

その後NYのVFiles、LAの424などで商品が展開され、
Drakeがエアブラシシリーズの「Selena」のT-Shirtを着用したことなどで
一気に知名度を上げていったが、
ハンドメイドのT-Shirtシリーズからもわかるように、
一つ一つ丁寧にクオリティーのあ有る物を作り上げることを目標にし
決して大量生産しないというブランドの理念によって
常に市場で希少価値を保ち続けている。

Darien Bruzeは自分のことをデザイナーという枠で捉えて欲しくないという。
デザインというよりドープなプロダクトを作ることに焦点を当て
トレンドを追いかけたり作ったりするのではなく
自分がいいと思う物を納得行く所まで作り、共有することが目的だと話す。

ブランドは現在、東海岸にDarien Bruze本人、
そして生産とPRの拠点をLAに置き活動しているが、
LAのスタッフはFutureとTravis Scottのイメージ作りに重要な
スタイリスト・コンサルタントとしての仕事をしており、
新商品をヒップホップ最前線のアーティスト達が着用することも多い。

Future、Travis Scott、Drake、Migos、Metro Boomin'等その他
多数の人気アーティストの頻繁な着用が手伝って
新しいコレクションをInstagramやTwitterで紹介しウェブサイトで販売するたびに
常に売り切れ状態になってしまう。

現在は希少性を保つ為アメリカ国内での店舗取り扱いを避け、
自分たちのウェブとLAのショールームでの限定発売のみとしているが、
商品のコンセプトによってポップアップの様な
ピンポイントな販売網を設けることも予定している。